本格的な水槽にしたいならアクアリウムを取り入れよう

室内

点灯時間が長い場所に使う

蛍光灯

居間や子ども部屋に便利

LED電球や蛍光灯は、消費電力は低く、明るさを高めることができるグッズとして節電にも使われています。使う場所を先に決めて導入すると効率的に節電ができ、家庭で使用する場合にも無駄なく活用できますが、価格が高いため、あまり使わない場所にはLED蛍光灯を導入する必要はありません。点灯時間が長くなりやすい居間は、家族で過ごすことも多いため、明るさ調整もできて、ずっとつけっぱなしにしても電気代が気にならないLED蛍光灯にすると節電にぴったりです。また、明かりがつけっぱなしにされやすい子ども部屋にもLED蛍光灯はおすすめです。1日中気づかないまま灯りがつけっぱなしになると発熱もありますが、消費電力も大きくなって家計の負担になります。LEDに切り替えておけば長時間の勉強を必要とする受験生や高校生がいても、余計な口出しをせずに済みます。最新式のLED蛍光灯ならば、リモコンで点灯、消灯を選べることもあり、部屋の明るさも自由に変えられます。寝る時に枕元からリモコンで灯りを消せるようにすると節電にも協力してもらいやすくなります。居間でも離れたところから簡単に点灯、消灯、明るさ調整できるため、いちいちスイッチまで歩かなくても使えて便利になります。形状についてもかなり幅広いラインナップが用意されているため、棒タイプでも、円形タイプでも電球タイプでも家庭の形状に合わせられます。価格は高くなりますが、一気に節電できるようになるため、長時間点灯する場所から交換するのが良いです。